Postcard Creation

フライヤー印刷なら専門業者に依頼しよう【種類を詳しく紹介】

工程を知る

日数の把握は重要

色見本

フライヤー印刷を依頼する場合、どのくらいの日数がかかり、どのように依頼をするのか知っておきたいと思うものです。実際、フライヤー印刷というのは自分でも行えますが、業者に依頼してフライヤー印刷してもらう方が綺麗な仕上がりになります。そのため、フライヤー印刷を依頼する流れを事前に知っておくと便利です。まず、問い合わせを行います。電話やメール、その他ホームページのフォームから気軽に問い合わせることができます。その際に詳細を伝えます。どのような宣伝に使用したいのか枚数はどのくらいかという部分です。その後、業者から連絡がくるので写真の点数や原稿があるのかどうかなどを確認されます。その際にイメージしている図などがあればメールで添付するようにすると作成日数が短縮できます。その後、見積もりを作ってくれるので、その金額が予算内かどうかで決めます。もし、納得できた場合、作成時に入ります。デザインを決めるまでに大体10日くらいかかるとイメージしておくと良いです。デザインが決まったら、依頼費用を入金して、フライヤーを実際に作成し始めます。入金が完了しない限りフライヤー作成にはとりかからないので、必ず行います。その後、大体1週間くらいでフライヤーが完成するので、納品となります。このように依頼してから納品までは大体2週間くらいかかるので、それを見越した上で依頼するようにしてください。デザインなどがスムーズに決まらない場合はその分納品が伸びるので、意識するようにします。

印刷技術を最大限に活用

印刷

フライヤー印刷では、見た人が驚くようなデザインを工夫することが重要です。フライヤー印刷業者に依頼する場合がほとんどですが、その際にはどのような印刷技術を持ち合わせているのかということを打ち合わせの段階で確認しておくと良いのです。業者によっては今までに作成してきたフライヤーの一例を見せて説明してくれて、具体的に可能な印刷の幅を提示してくれることがあります。こういった情報は実際に注文を決めてしまうために知っておくと有用な情報の一つです。例えば、フライヤー印刷を行う際には紙面に特殊な加工を施すことができます。一部だけを飛び出して見えるように加工したり、切り取り線を付けることでお客さんが切り取ってクーポン券として活用できたりするということです。こういった工夫をすることによって、より多くの人に印刷したフライヤーを楽しんでもらうことができます。また、自分自身でフライヤーのデザインを考えていると、思ったよりも見にくく、いざ印刷してみると頭の中のイメージとは異なってしまうことがあります。そういった事態を防ぐためにもプロであるフライヤー印刷業者との打ち合わせを重ねるということが大切です。多くのフライヤーを印刷してきた業者からすると当たり前のテクニックであって、デザインであることがなかなか知られていないこともあるからです。このように費用対効果の高いフライヤーを作成することができれば非常にメリットが大きいです。

データだからこその問題

女の人

フライヤーは業者に頼むと印刷してくれます。手間のかかる作業をいろいろと省けることもあり、大勢の人がフライヤー印刷業者を利用しています。手軽にフライヤーを作れる便利なサービスですが、何も考えずに依頼すると問題が起こることがあります。フライヤー印刷を依頼する際にはどんなことに気をつければいいか、それを知っておきましょう。印刷業者を利用するうえで重要なのが、仕上がりを確認しておくことです。それには無料サンプルを利用します。サンプルだけでも、印刷のできや質感、用紙の種類といった多くのことが分かります。業者選びに必要なことのほとんどがサンプルに詰まっています。せっかく印刷してもらっても、思った通りの物になっていなかったら妥協や作り直しが必要になります。サンプルを見ることで、予想通りになるかをあらかじめ知ることができます。原案入稿の時にも注意することがあります。フライヤー印刷の原案入稿は、多くの場合データ化して行います。そのデータの容量や形式によっては問題が起こることがあります。例えば容量が大きい場合、受け手側の容量制限に引っ掛かる可能性があります。無事に送れたとしても、データが印刷に対応していなければ、別形式に変換して再送信することが必要になります。そのため、汎用性の高い形式でなるべく容量を抑えて入稿することが重要です。推奨する入稿方法を紹介している業者もあるので、もしそうならその方法に従いましょう。フライヤー印刷は、データを通じてのやり取りであることを覚えておきましょう。

工程を知る

色見本

宣伝効果のあるフライヤー印刷をしようと考えた場合、自分で作成するよりも業者に依頼する方がより理想に近いものに仕上がります。しかし、依頼からどのくらいの日数がかかるのか、依頼してからの流れなどを知った上で利用する方が良いです。

もっと読む

サイズも選べて便利

ペンタブレット

フライヤー印刷を頼む際は、値段だけでなくオプションやサイズ展開などを考えた上で業者を選択するのが最適です。オプションにはラミネート加工や折り加工などがあり、使う用途や印刷後の処理をスムーズにしてくれます。

もっと読む

印刷会社に依頼しよう

女性

フライヤー印刷をするときには、家庭や会社でやるよりも印刷会社に依頼した方がいいです。それは多くのメリットがあるからです。クオリティの高い印刷物をつくることができますし、コストも比較的安く抑えることなどが可能です。

もっと読む