Postcard Creation

フライヤー印刷なら専門業者に依頼しよう【種類を詳しく紹介】

フライヤーの種類選び

イベントにあわせて選択

CMYK

イベントの宣伝を行う場合は、薄くて破けやすいチラシよりもフライヤーを利用するといい印象を与えやすいです。チラシに比べると割高になりますがそれを上回るメリットが存在し、防水加工やミシン目、ナンバリングなどのイベントの内容に合わせたフライヤーを作ることができます。ある程度の耐久性があると加工の幅も広がるので、業者のホームページをチェックして一番都合のいいものを選ぶようにしましょう。フライヤー印刷は通常のチラシとあまり変わらない委託であり、データ入稿などを経て完成品のサンプルを送ってもらうことになります。加工もある程度はサンプルを参考にすることができるので、イベントのかなり前からサンプルやほかの印刷物などを送ってもらって参考にすると失敗率が下がるのでお勧めです。委託する際にはデザインに自信がない場合でもラフ画を送れば手直ししてもらうことができるので、デザインよりもどういった種類のフライヤー印刷を行うべきかを考えましょう。屋外イベントであれば防水加工は必須といえますが、両面カラー印刷などにするとコストがかさんでしまいがちです。片面印刷や文字のみの場合はモノクロ印刷を選ぶなどうまく工夫して、コストパフォーマンスのいい適切なフライヤー印刷を実行していきましょう。印刷を業者に依頼する際にはデザインや内容の文章などに気を取られてしまいがちですが、イベントにふさわしい加工や用紙を選ぶ必要があるのです。一番いい種類のフライヤー印刷を行い、イベントの宣伝を確実なものにして集客率を上げましょう。

料金を割引してもらうコツ

男の人

一度に少しずつフライヤー印刷を依頼しようかと考えている方々は、大量発注による料金割引キャンペーンについての情報を調べてみてください。少量の発注よりも大量発注の方が料金が安くなる業者が多いために、数ヶ月分のチラシなどの印刷をまとめて依頼する人も珍しくありません。大量発注に対応している業者であれば、数ヶ月分のフライヤー印刷であっても、短期間で印刷を全て終える事ができます。ずっとチラシのデザインを変える予定が無い時には、一年分のフライヤー印刷を依頼する事で、料金割引キャンペーンのお得さを実感してみてください。近年では印刷物のデータを入稿する時間帯によって、付与されるポイントが変化するフライヤー印刷の業者も増えてきています。午前9時などの早い時間帯に入稿してもらえるほど、付与されるポイントが増えてきて、ポイントが溜まった分だけ料金がお得になるというキャンペーンです。オフセット印刷とオンデマンド印刷の両方が、早期入稿による割引キャンペーンの対象になっている事も多く、お得さを実感しやすいと評価されています。新規会員登録特典として、割引クーポンなどを配っているフライヤー印刷の業者も多いですから、会員登録をする際にはキャンペーン情報を確認してみてください。割引クーポンは使用期限が設定されている事も多いですから、フライヤー印刷を利用する回数が少ないという人は、定期的にクーポンの期限を確かめておく事をおすすめします。

ならではのメリット

色見本

何かの宣伝をしようと思った時にチラシを利用する人は多いです。しかし、言葉は違いますがフライヤーという宣伝方法があります。フライヤー印刷をする場合は、使用する紙が違います。また、イベントなどの宣伝をする際にフライヤー印刷をすることが多いです。そのため、フライヤー印刷をする特徴をある程度理解してチラシと使い分けます。まず、フライヤー印刷の特徴は使用する紙です。コート紙というものを利用します。この紙の特徴は青みがかった白の紙で光沢があります。インクのノリが良く、写真やポスターなどを作成する場合も利用されています。フライヤーに使用する神の大きさは大体A6です。チラシはA4を基本としているので、この点も違います。次に、使用用途は店頭に置かれる案内やイベント会場で配るという用途です。そして、フライヤーのデザインには人目を引くものが多く、デザインに凝っています。これは、集客効果をあげるためです。チラシとは違い会場に来て欲しいという即効性を見込んだ宣伝の際にフライヤーは使用されるので、インパクトを重視するのも特徴です。デザインにこだわっているものであればあるほど人は思わず手にとってしまうという心理を大いに活用しています。また、客層や地域によってもフライヤーの使用用途が変わってくるので、それぞれに合わせたデザインをしっかりと考えて紙の大きさにもこだわりを追求させると良いフライヤーを制作することができます。

工程を知る

色見本

宣伝効果のあるフライヤー印刷をしようと考えた場合、自分で作成するよりも業者に依頼する方がより理想に近いものに仕上がります。しかし、依頼からどのくらいの日数がかかるのか、依頼してからの流れなどを知った上で利用する方が良いです。

もっと読む

サイズも選べて便利

ペンタブレット

フライヤー印刷を頼む際は、値段だけでなくオプションやサイズ展開などを考えた上で業者を選択するのが最適です。オプションにはラミネート加工や折り加工などがあり、使う用途や印刷後の処理をスムーズにしてくれます。

もっと読む

印刷会社に依頼しよう

女性

フライヤー印刷をするときには、家庭や会社でやるよりも印刷会社に依頼した方がいいです。それは多くのメリットがあるからです。クオリティの高い印刷物をつくることができますし、コストも比較的安く抑えることなどが可能です。

もっと読む